「 インド 」一覧

[世界のトイレ事情]印「クリーン・インディア」開始3年 遅れるトイレ普及、商機620億ドル

印「クリーン・インディア」開始3年 遅れるトイレ普及、商機620億ドル

インドは、国内の衛生状況改善を目指す「クリーン・インディア」政策の開始から3年が経過した。同政策では2019年10月までに屋外での排泄(はいせつ)行為の根絶を目指しており、開始から現在までに5380万カ所でトイレを設置した。政策の進展を受け、衛生設備関連の業界では、今後、600億ドル(約6兆8000億円)以上の商機が訪れる見通しだ。現地紙ヒンドゥスタン・タイムズなどが報じた。

普及成果を出すために住人困らせたんじゃ本末転倒ですね。
生理現象に方向性を打ち出すなら、文化や国民性の考慮も慎重にしないとですね


[世界のトイレ事情]世界人口の3分の1が安全なトイレを利用できないと判明 / 世界でいちばん「トイレを利用できる人口の割合」が低いのはどこ?

世界人口の3分の1が安全なトイレを利用できないと判明 / 世界でいちばん「トイレを利用できる人口の割合」が低いのはどこ? | バズプラスニュース Buzz+

国際NGOのウォーターエイドは、11月19日「世界トイレの日」に報告書「安全なトイレはどこに」を発表しました。その中で、世界人口の3分の1が安全なトイレを利用できておらず、11億人以上の女性や女の子がそれにより健康被害や暴行の危険にさらされていることが明らかになりました。 ・人口の割合で見ると? …

まずは安全・安心から。水の問題もありますが、世界的に当たり前にトイレが使える世の中になるといいですね。
そんな中贅沢な悩みかもしれませんが、個室トイレの回転率の悪さも何とかしてほしいところ…


[世界のトイレ事情] インドがどうやって人の糞便問題に立ち向かおうとしているのかをあのビル・ゲイツが解説

インドがどうやって人の糞便問題に立ち向かおうとしているのかをあのビル・ゲイツが解説

インドで起きている公衆衛生革命とも言うべき「クリーン・インディア」キャンペーンについて、あのMicrosoftの創業者でもあるビル・ゲイツ氏が自身のブログであるBill Gates上で語っていま